記事を投稿する

記事を投稿します。

投稿タイプ

まず、投稿タイプ一覧とその想定内容を示した以下を見て、これから書く記事がどのタイプに属するか考えてください。

「投稿」
WordPress管理画面上の「投稿」、このWebサイト内では「Blog」です。ここには、KPC内の出来事を投稿することを想定しています。
「お知らせ」
簡単な「お知らせ」です。Webサイト内では「News」に当たります。ここでは、外部向けのお知らせを投稿することを想定しています。なお、内部向けはサイボウズlive内と考えています。
「作ったもの」
「Products」です。制作物の情報を投稿してください。
「会員」
「Member」です。会員名簿です。在学生のみならず、卒業生、学生以外(教員など)も登録できるようにしています。
「講習」
KPC内で行われる講習会資料置き場や、その他サイボウズlive内では掲載しきれないような投稿を想定しています。

また、「トップページの文面」や「About(KPCについて)」というものもありますが、これは「固定ページ」を編集することで実現可能です。固定ページの新規投稿は制限していませんが、あまり使うことは無いと思います。

カテゴリー

各投稿タイプには、「カテゴリー」や「カスタム分類(カスタムタクソノミー)」というものが準備されています。投稿の際は、これらや、これらよりももっと細かい情報を指定するようにしてください。

例えば、この記事投稿時点で、「お知らせ」には「Web」というカスタム分類が存在します。さらに、その中に「更新情報」「障害情報」という"ターム"と呼ばれるさらに細かい分類があります。投稿の際は、このどちらかを指定するということです。

また、別記事で詳しく説明しますが、「活動」というカスタム分類を作り、「プロコン」「パソコン甲子園」といったタームを作成することも可能です。

実際の投稿

先ほどの2点にならい、

  1. 投稿タイプを選ぶ
  2. 管理画面メニューの該当する投稿タイプから記事を作成(Add xxx)
  3. その投稿タイプに設定されたカテゴリーやカスタム分類(のターム)の中から適切なものを選ぶ
  4. 文章を書く
  5. 「公開」ボタンを押す

となります。ただし、「会員」についてはカスタムフィールドというものを利用します。

なお、記事には画像の挿入や、ソースコードの挿入も可能です。また、「アイキャッチ画像」を設定することができ、特にこれは「作ったもの」「会員」の場面で重要となります。

投稿内で使えるタグ

[言語名]hogehoge[/言語名]

たとえば、

[c]
#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
printf("%c%c%c%c\n", 0x52, 0x69, 0x7A, 0x65);
return 0;
}

[/c]
と入力すると、

#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
	printf("%c%c%c%c\n", 0x52, 0x69, 0x7A, 0x65);
	return 0;
}

と表示されます。SyntaxHighlighter Evolvedというプラグインを用いて実現していますので、「言語名」を調べるには「SyntaxHighlighter 言語」などで検索してください。「plain」や「text」にも対応しています。

なお、この際、

[c tabsize="2" firstline="50" highlight="54" title="ご注文はうなぎですか?"]
#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
printf("%c%c%c%c\n", 0x52, 0x69, 0x7A, 0x65);
return 0;
}

[/c]
とすると、

#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
	printf("%c%c%c%c\n", 0x52, 0x69, 0x7A, 0x65);
	return 0;
}

という表示も可能です。

脚注

脚注の挿入も可能です。

文字文字(半角スペース)((脚注))」という形式で、「聞けば忘れる 見れば覚える やれば理解する1」といったことが可能です。

インデントする

<p class="indent">で囲うと、その行はインデントされます。本当はデフォルトでインデント、インデントしたくない場合のみ何かする…ということが適切かも知れませんが、WordPressが勝手に行をぶった切ってしまうため2このような方法をとりました。

見出し

<h3>や、<h4>を用意しています。この投稿でも表示されているような、「紫の見出し」は<h3>、<h3>以下の少し目立つ見出しは<h4>となります。

囲い

<div class="block">「隣の家に囲いが出来たんだって」「へぇー」「ちくわ大明神」「かっこいー」</div>

で、

「隣の家に囲いが出来たんだって」「へぇー」「ちくわ大明神」「かっこいー」

です。

数式を出す

例えば、

この数式、[latex]25252 \div 214 = 118[/latex]とは、「にこにーからバレンタインにチョコ貰えていいわぁ^~という感じ」を表します。

と入力すると、

この数式、25252 \div 214 = 118とは、「にこにーからバレンタインにチョコ貰えていいわぁ^~という感じ」を表します。

となります。

また、

$$
e^{\mathrm{i}\pi} = 1
$$

とすると、

    $$ e^{\mathrm{i}\pi} = 1 $$

のように別行立てとなります。

Tikzを用いた図も出せるようです。

Rendered by QuickLaTeX.com

その他HTMLタグ全般

もちろんエスケープされずに表示されます。

  1. 名言 []
  2. まぁ無効にもできますが、すると全部<p>付けないと… []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です