第25回全国高専プログラミングコンテスト

第25回プログラミングコンテストが、平成26年10月18,19日に岩手県一関市で開催されました。
釧路高専プログラミング研究会(旧プログラミング同好会)は、競技部門と自由部門に出場したので報告します。

競技部門

システム名 「画像スクレイプ!産廃と化したサイコロ―産廃なにしてんすか!―」
競技内容は、バラバラになった画像から元画像を推定し、復元するというもの。
但し、復元は隣り合ったピースを交換することでしか行えず、より良い手順を計算する必要があります。

肝心の結果ですが、

1回戦敗退 ⇒ 敗者復活 ⇒ 準決勝敗退 (いつもの)
なお、完全解答が一度も無かった高専の一つでした。

今回は大変不本意な結果に終わってしまいました。原因は、準備の遅さと事前調査の甘さであると考えています。
次回は良い結果を残せるよう、問題の改善に取り組んでいきます。

自由部門

システム名 「Rapid House —サーバ自動チューニングシステム—」
このシステムは、サーバのチューニングを遺伝的アルゴリズムを使って自動的に行うというもの。
手動では手間がかかるサーバのチューニングを、「自動で」かつ「ソフトウェアのみで」実現しました。
ブース担当者からは、企業の関心が特に高かったと聞いています。

その甲斐あってか、企業賞のひとつ「株式会社ブロードリーフ賞」に選出されました。
企業賞は全国40チームから6チームのみが選ばれるもので、プログラミング研究会にとっては自由部門参加2年目の快挙となりました。

当日の様子

IMG_4545
競技部門会場の様子

IMG_4551
自由部門釧路高専ブースの様子

IMG_4580
競技部門メンバーによる記念撮影

IMG_4594
授賞式の様子

IMG_4615
メンバー全員(2人除く)と顧問、釧路高専校長、ブロードリーフ社代表の方との記念撮影
残り2人はホテルでスマブラやってました。

IMG_4621
メンバー全員による記念撮影